退職代行NEXT(豊楽法律事務所) | 退職代行情報|そくやめ太郎君

退職代行NEXT(豊楽法律事務所)


退職代行NEXT

弁護士事務所なのに破格で退職

おすすめ度:★★★★☆(4.0)

着手金:30,000円(税別)
成功報酬:回収額の20%(残業代・退職金など)
実費:郵送料など

  • 初回相談:無料
  • 弁護士なら全部できます。
    損害賠償請求交渉、残業代請求交渉、退職金請求交渉、有休消化交渉

弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。退職にあたり、大きなトラブルを抱えている場合や、発展する予兆があれば絶対に弁護士による退職代行をおすすめします。非弁業者と違い、法律的に解決していきますので間違いがありません。時間勝負の訴訟問題に発展した際もノンストップで対応可能で安心ですね。

おすすめの理由 公式サイトを見る

相談方法 LINE・メール・電話
最短24時間以内に対応(平日9:00~19:00)
対応地域 全国対応、対面不要
料金プラン
  • 事前相談:無料
  • 着手金:30,000円(税別)
  • 成功報酬:回収額の20%(残業代・退職金請求など)
  • 対応内容により変動する場合あり
支払方法 銀行振込
運営母体 豊楽法律事務所
代表弁護士:高田康章(東京弁護士会所属)

おすすめする理由と特徴

弁護士による退職代行で基本料金30,000円は破格値といえますね。退職にあたりトラブルに発展する予兆があるならば絶対に弁護士による退職代行がおすすめです。非弁業者とは異なりすべての権限を一任できますし、万が一の損害賠償請求などへの対応もノンストップで可能になります。


この退職代行は『弁護士』に該当します。

 一般企業弁護士労働組合
退職連絡
退職届作成
退職サポート
希望条件通知
交渉(※)
損害賠償対応

※交渉:希望する退職条件を拒否された場合や調整の必要が生じたい際の会社との交渉

弁護士のチカラ

違法性ゼロは当然として、会社側に違法性があれば的確に指摘しつつ、即日退職を法的に有利な方向で進められます

損害賠償

退職理由がパワハラなどによる不本意な理由であれば、退職代行と併せて損害賠償請求も含めて請求できる可能性が高いです。逆に急な退職により業務に支障が生じるとの理由で訴えると言われた時の対応もバッチリですね。
仮に退職を訴えられたところで、在職中に余程の過失がある場合や、直接的な損害を与えていなければ、その損害額は大きくありません。一般的には裁判費用さえ工面できない程度の可能性が高く、辞めさせない為の脅しの場合がほとんどです。

金銭請求・交渉

弁護士以外の第三者による金銭交渉は非弁行為となり、最悪の場合は退職自体が無効になることもあります。未払い給与、残業代、有給買取、退職金請求でもめる要素があっても弁護士なら安心ですね(退職に伴う金銭交渉は一部労働組合も労働組合法の適用により可能な場合もあります)

相談無料

弁護士事務所では初回相談30分5,000円以上が相場です。無料で相談できて、説明を聞いて、その上で依頼の判断ができて安心ですね。もちろんしつこい勧誘や契約の強制はないので安心できますね。

即日退職にも対応

申込日以降は出勤しなくても大丈夫になります。

退職代行における一般企業・弁護士・労働組合の違いを理解しよう

就業規則で〇日前迄に申告となっていても大丈夫です。その日の内に退職扱いになる場合や、その日以降の出勤を有給休暇の消化に利用後、最終日をもって退職とする場合もあります。

有給休暇が分からない、もらえない、残っていない場合などやその他の状況に合わせて、当日以降の出勤を合法的に停止できるように会社と交渉してしてくれます。心配なことは遠慮なく相談しましょう。

goodby

相談~退職までのステップ

ステップ1
事前相談

退職時の希望(会社の人に会いたくない等)、勤務状況などを担当者に相談しましょう。少しでも有利に退職交渉を進めるために色々と質問してきますが、言いづらいことでもしっかりと真実を伝えなければなりません。交渉が不利になることもあるので絶対に嘘はいけません。

ステップ2
申込と支払い

説明と費用に納得したら契約と支払いになります。些細なことでも分からない点、疑問な点は必ず確認しておきましょう。

ステップ3
交渉開始~退職

会社との退職交渉に着手してくれます。交渉中の展開はテーブルに就くまで読めません、電話やメールが来た時はなるべく早急に応答するように心がけましょう。

公式サイトを見る